商品表示、商品形態とは

商品表示、商品形態とは

商品表示、商品形態における以下の行為を不正競争防止法で規制しています。

・周知混同惹起行為…需要者の間に広く認識されている表示(商品名等)と同一又は類似の表示を使用し混同させる行為のことです。
たとえば遊具施設の看板にマリオカートと表示したり、株式会社とちおとめと名乗って需要者を混同させる行為がこれにあたります。

・著名表示冒用行為…著名な表示(商品名等)を自分の商品表示として使用する行為のことです。
たとえば食品なのにエルメスという表示で販売して、本家のブランド価値を下げる行為がこれにあたります。

※なお、需要者の間に広く知られていることを「周知」、全国的に需要者以外にも広く知られていることを「著名」といいます。

・商品形態模倣行為…他人の商品の形態を模倣した商品を譲渡等する行為のことです。
いわゆる海賊版などがこれにあたります。
         
・ドメイン名の不正取得等の行為…ドメインとはインターネットにおける住所です。

                http://●●●.com

                の ●●●.com の部分を指します。
                ドメイン名の不正取得等とは、たとえば

                http://japan.com

という著名な会社のサイトがあったとします。
これと同一又は類似(japann.comとか)のドメイン名を使用する権利を取得、保有又は使用する行為のことです。

・誤認惹起行為…商品、役務やその広告等に、その原産地、品質、内容等について誤認させるような表示をする行為のことです。
商品名に原産地名も含まれているのに実際はその地で製造もしてなければ産出もされていない、などがこれにあたります。

特許ウーマンNami プロフィール

特許事務所 白坂パテントパートナーズ  藤井奈美さん

特許事務所 白坂パテントパートナーズ 藤井奈美さん
【血液型】:B型
【趣味】登山、読書、中国語
【経歴 】2012年より白坂一の秘書としてスケジューリング~海外代理人の来日の際や現地への訪問の際には、渡豪経験で培った英語力を活かし、通訳(英日)も担当している

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから