特許とは戦略の中にあってこそ活きるものだ コスモ国際特許事務所 代表 水野 清

特許とは戦略の中にあってこそ活きるものだ

 「弁理士は主治医と一緒ですよ」
 そう語るのはコスモ国際特許事務所の所長を務める水野清さん。企業戦略において特許の有効な活用術を指南・実践する弁理士だ。時代の転換期にあって日本の特許は変わらなければいけない。待つだけではなく攻める特許に。そこに専門家たる弁理士はどう関わっていけるのか。このテーマの最前線に立つ水野清さんに話を聞いた。

 ――どんなお仕事をしていますか?

 はい。私は国内外における特許、意匠、商標に関する侵害紛争、鑑定、税関対応、模倣品対策、知財コンサルティングを得意としており、訴訟はもとより新製品を着想した段階から相談を受けるなど、相談を受けた企業の経営戦略に基づいて適切な知財戦略を提供することを旨としております。私自身企業で知財を取り扱っていた経験から、企業にとっての知財戦略がどういうものか熟知している点強みであるといえます。また、私が所長を務めるコスモ国際特許事務所には各分野のエキスパートが在籍しており、企業の様々な要望に応えられる体制を構築しております。

 ――お仕事で気を付けていることはありますか? 

 経営資源としての知的財産を有効に活用すること、業界において世界に通用する特許にすること、及び特許紛争に対し訴訟に耐えられる特許にすること。弊所にご依頼いただいたお客様に提供するサービスとして絶対条件だと考えております。また、知財に関する権利取得業務、そして権利行使においては共に①品質、②スピード、③コストの三大重要条件があり、これを社訓として実践しています。

コスモ特許事務所

写真右:コスモ国際特許事務所 副代表 落合 憲治

 ――現状の知財を取り巻く環境について見解をお聞かせください。

ことはできないでしょう。特許などの知的財産は産業の発達を促すもの。産業を支える主役は企業ですから、知財とは企業戦略の重要な一翼と捉えるべきです。企業戦略とは即ち、経営・技術・国際・法務の四大戦略を指します。それぞれが独立した戦略ではなく、これらがバランスよく備わってこそ企業の繁栄が望めます。しかしながら、大企業では知財戦略がほぼ出来上がっているにも関わらず、日本全企業の99.7%を占める中小企業では知財担当者がおらず、企業戦略である知財戦略ができていない企業が多数を占める現状があります。これでは企業の繁栄が滞るばかりか、ひいては日本の産業の発達が停滞してしまうことになりかねません。世界的に知財の重要性が増す中、中小企業における知財戦略の確立は喫緊の課題といえるでしょう。

 ――その課題にどう向き合っていけるでしょうか。今後の展望についてお聞かせください。 

 弁理士は産業の発達に寄与する社会的な使命を担っています。知財の専門家たる弁理士の役割はますます大きくなっているといえるでしょう。然るに、弁理士は知財のことは分かっても企業戦略のことに疎い者が多いのも事実です。企業を真の意味でサポートするには、私たち弁理士も学び、成長していかなければ役目を果たすことはできません。そのために、コスモ国際特許事務所では若い人財の教育に力を入れています。私のようなベテラン勢が道を切り拓き若い人財に引き継ぐ、会社と一体となって企業の成長に役立つ弁理士を排出できるよう業界全体で取り組む必要があると思います。会社が成長すれば、弁理士も成長していく。公共的な社会的使命を担う弁理士は企業と共に生きることが大事です。

特許業務法人コスモ国際特許事務所
COSMO&PARTNERS
代表 水野 清

中央大学法学部法律学科 卒業
1979年 トミー工業(株) (現 (株)タカラトミー)開発本部特許センター、管理本部法務室(1995年~ 管理本部副本部長)
1985年 弁理士登録
1989年 ジョージ・タウン大学(EFL)卒業
    米国ワシントンD.C. STAAS & HALSEY法律事務所にて研修
1998年 水野清国際特許事務所 開業
2002年 コスモ国際特許事務所(改称)

分野
国内外における特許、意匠、商標に関する侵害紛争、鑑定。
税関対応。模倣品対策。知財コンサルティング。

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから