意匠とは

意匠とは

意匠とはデザインのことであり、
意匠権とは、デザインを保護する権利のことです。

ただし、一口にデザインといっても全てが保護対象になるわけではありません。
まず肉眼で判断できるもの、これは当たり前ですね。見えないものに権利を与えて保護したら大変なことになってしまいます。
次に工業的に量産できるデザインであることが必要です。
産業財産権で保護する目的は「産業の発展を図るため」。そのために保護しよう、という主旨なのでこれに沿うものでなければいけないのです。
出願後、特許庁に所属する審査官に意匠の要件を満たしているかについて審査を受け、登録されると意匠権を獲得できます。
意匠権の存続期間は“登録日から20年”です。

次に産業財産権のひとつ商標について説明します。

特許ウーマンNami プロフィール

特許事務所 白坂パテントパートナーズ  藤井奈美さん

特許事務所 白坂パテントパートナーズ 藤井奈美さん
【血液型】:B型
【趣味】登山、読書、中国語
【経歴 】2012年より白坂一の秘書としてスケジューリング~海外代理人の来日の際や現地への訪問の際には、渡豪経験で培った英語力を活かし、通訳(英日)も担当している

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから