特許事務員が覆面で本音を語る座談会【特許事務覆面座談会(第一回)】

特許事務覆面座談会

特許業界初の覆面座談会!現役特許事務の皆さまにお集まりいただきました。
本日はよろしくお願いします。
それでは早速質問にうつってまいりましょう。

Q特許事務で良かったこと(仕事内容や職場環境など)

ジャスミン「特徴っていったら特許制度に精通してないと仕事にならないところでしょうか」
あゆ「ですね」
ふるた「うちは意匠もだぜ」
A子「国ごとに違うから難しいよネ」
おーい「マジ勘弁っ!」
ふるた「責任も重いよな」
あゆ「事務が間違ったら結構そのまま進んじゃいますよね」
A子「うちは担当技術者が最終目を通すルールだけど見てないんじゃナイ?って思うヨー」
ジャスミン「技術側は事務の細かい点知らないですからね」
おーい「マジ残念っ!」
あゆ「現地代理人のなかで対応悪い事務所ありますよね」
ふるた「だなぁ、移行期限2日前にメールだけでこっそり連絡すんじゃねーっつの!」
ジャスミン「しかも指定代理人ってパターンで何も言えないとか」
A子「非英語圏の代理人の一部でさ、早口英語で電話してくるんだけど聞き取れないンダヨ!ユックリシャベレ!」
おーい「こっちはドラ○もんじゃないんだよっ!!」
A子「あと、技術者とコミニケーションがとれないカナ」
ジャスミン「全員じゃないけど確かに」
あゆ「たまにムスッとされますね」
ふるた「まぁなぁ技術者も忙しいんだよな、でも重要だから伝えてんだけどなぁ」
おーい「言葉通じない人いますっ!」

みなさん技術者や現地代理人とのコミュニケーションに苦労されているようですね。
次回はもっとつっこんでいきます。こうご期待!

覆面座談会 プロフィール

特許事務の皆さん2

某大手特許事務所 事務員の皆さん

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから