身近なアイデア相談所「知財総合支援窓口」【知財コラム】知財よろず研究所

知財よろず研究所(知財コラム)

 ある日、ふと発明アイデアが閃いたら、どうでしょうか?「特許で一攫千金!」のような謳い文句が脳裏に浮かぶかもしれませんが、実際、個人が行動に移すとなると、なかなか勇気がいるものです。一番のネックは専門家に相談しようとしても、高額な費用請求の心配がつきまとって、二の足を踏んでいるうちにアイデア自体も忘れてしまうことも珍しくないかもしれません。確かに弁護士・弁理士のような専門家を利用する場合、相談だけでも費用が発生することが多く、ハードルを高くする一因になっているように思えます。

 このようなときに役に立つのが、「知財総合支援窓口(詳細は下記サイトを参照)」です。この窓口は、全都道府県に設置されており、誰しもが様々な知財サービスを「無償」で受けることができるのです。公的な窓口ですので、意図しない費用が請求される心配がなく、一定の品質のサービスを受けられるのが嬉しいところです。窓口担当者としては、(1)常勤の支援アドバイザーと、(2)非常勤の専門家(弁護士・弁理士)が相談員として配置されています。支援アドバイザーは受付業務をはじめ幅広い問い合わせに対応しますが、専門性の高い内容については専門家に移管されるケースが多いようです。ちなみに、非常勤の専門家として担当する弁理士は日本弁理士会によって推薦されています。

 具体的な窓口運用については各都道府県によって若干異なりますが、この窓口の最大のメリットは、全国どこでも同等のサービスを受けられることでしょう。一方、首都圏のように弁理士数が多い地域では、自治体レベルで知財総合支援窓口とは独立したサービスを提供している場合もありますので、そちらも積極的に利用されるとよいでしょう(例えば東京都では「東京都知的財産総合センター(詳細は下記サイトを参照)」を開設しており、上記窓口より手厚いサービス提供が行われています)。

 この世の中では、日々、多くのアイデアが生まれていますが、その一方で十分に活用されることなく埋もれてしまうものも少なくありません。そのようなアイデアが少しでも将来性を見出す手助けのひとつとして、知財総合支援窓口を利用してはいかがでしょうか。

関連サイト:
知財総合支援窓口
東京都知的財産総合センター

知財よろず研究所 著者プロフィール

SSIP 誠真IP特許業務法人 弁理士 ジュニアパートナー 渡邊 裕樹 さん(理学修士)
【経歴】東京工業大学大学院 理工学研究科卒業(物性物理学専攻)
【職歴】専門商社に勤務後、大手国内特許事務所を経て現職
【業務内容】機械・制御・電機分野の特許権、著作権が専門
【趣味】ギター・ドライブ

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから