知財ビジネスの新たな道を切り拓く 株式会社パテントライフサイエンス 代表取締役 七尾舞子さん

「技術と経営をつなぎたい」

 私たちの周りには当たり前のようにモノや情報が溢れ、常識の垣根は日々壊されていくようだ。しかしそれらは全てコロンブスの卵。今では当たり前なことでも最初に行うことは難しい。困難な道が開拓されて今私たちの周りに姿を現している。彼女の名は七尾舞子。知財の道なき道を切り拓かんとする開拓者だ。

 ――どんなお仕事をしているのでしょうか
 一言で言えば知財コンサルティングに類すると思います。私にご依頼くださるクライアントは、知財の言葉と重要性は認識していても何から手を付ければいいかご存じない方がほとんどです。
 大手企業には強力な知的財産戦略チーム、または技術戦略の十分なノウハウを内包している知財部等の組織があります。しかし、中小企業にはそういった知的財産や技術に関する戦略家やエキスパートがいない場合が多いです。そのため、技術や発明が会社のビジネスの中枢であるにも関わらず、それらを活かす適切な知財戦略や技術経営が行われていません。ただただ権利化だけに固執している状態になってしまっています。これでは知財を効果的に活用出来ているとはいえず、結果ビジネスで負けてしまうという事例が数多く見受けられます。
 最も重要な事は、知財戦略や技術戦略がビジネスの成功にいかに重要であるかと言う事です。
 日本では守りの特許!というイメージがとても強いですが、守るだけではなく、「クライアントが利益を享受するための知財戦略」という観点から、パテントライフサイエンスでは、常に可能性を模索しながら必要な事を提言、実行していきます。実行段階においては知財以外にもやることが多岐に渡ります。結構地味ですよ(笑)
 そういえば最近は色々と世間が賑わっている影響でしょうか、商標の相談をよく受けます。商標についてもビジネス上有効利用するために商標を取得する、といった観点から提言をさせていただいています。

 ――知財に興味を持ったきっかけを教えてください。
 大学一年生の頃に突然知財の授業が導入されたんですよー。確か選択科目だったと思います。授業受けてみて知財って面白いなって。 

 ――そこから知財一直線ですか?
 実はそうでもないんです。そもそも私専門が物理だったんです。物理ってすっごく楽しいんですけど、いざ就職ってなると・・・
 就職を考える頃にはもうひとつの選択肢として知財を強く意識するようになりました。ここだけのハナシ(って言っちゃってますが汗)大学院時代特許事務所でガッツリ働いてましたし・・・

 ――学生と特許事務所の二足の草鞋ですか。アグレッシブですね。卒業後は?
 そのまま特許事務所にお世話になりました。明細書作成の補助、いわゆる特許技術者ですね。あと外国事務や簡単な翻訳業務等幅広く経験することができました。

 ――なぜ知財コンサルの道に進んだのですか?
 はい。実は学生時代某ゲーム会社で開発のお手伝いをしていたことがありまして。その頃から特許事務所を経て今に至るまで一貫して感じていることがあります。
 「運営陣と開発陣にズレがある」
 それはつまり技術開発とビジネスの間にズレがあるということです。そのずれをなくす仕事をしてみたいと思ったのが最初のきっかけです。

 ――今の知的財産業界について思うことはありますか?
 ビジネスが成功するとき必ず何かしらの技術が伴っています。経済発展と共に技術という知的財産があります。技術力のある企業がその技術を経営し、知財を戦略として組み込むことに成功すれば、日本は技術力だけでなくビジネスでも勝つ企業を多く排出する国になれるはずです。技術力で有名な日本がビジネスで負けないために。結果論ではなく、意識して戦略として取り組んでいくことが望まれている、今はそういう時代だと思います。そして、その重要な水先案内人を担いうる者こそ知財のエキスパート達だと思います。微力ながら私はそこにチャレンジしていきたいです。

 ――素晴らしい挑戦です。これからの展望を教えてください。
 日本には素晴らしい技術を持った企業や研究者が沢山いると思います。
 「日本の技術を世界に広げていきたい。」「そのためにはビジネスで勝たなければならない。」
 素晴らしい技術力を持ちながらも、技術経営、知財戦略が弱いためビジネスで負けてしまった悔しい案件を沢山みてきました。
 「技術で勝ってもビジネスで勝たなければ技術さえ衰退する。」
 「良い技術を沢山もった日本がビジネスで負けないように。」「良い技術を世界に沢山提供できるように。」
 パテントライフサイエンスでは、人とお金と技術を繋ぐプラットフォームづくりを推し進めています。人や企業の協力を得て具体的な話を進めているところです。いずれ続報をお伝えできるでしょう。

 ――素晴らしい挑戦です。これからの展望を教えてください。
 ふふふ、TTM(てっていてきにもうける)!
・・・いや、冗談ですよぅ汗・・・とにかく頑張りますっ!

株式会社パテントライフサイエンス 代表取締役 七尾舞子
【学歴】北里大学 理学部 物理学科 卒業 同大学院卒 生体分子構造論 生体分子動力学シュミレーションが専門
【経歴】学生時代某ゲーム会社のサバイバルゲーム開発プロジェクトに携わる
    特許事務所を経て知財コンサルの道へ
【特技】剣道初段
【趣味】ランニング
【特徴】かなりの宇宙オタク

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから