特許業界の今とは?最新リポートをお届け!特許・情報フェア&コンファレンス2015【知財レポ】

特許・情報フェア&コンファレンス2015

11月4日から6日に渡って開催された国内最大級の特許・情報フェア&コンファレンス。
知財の最先端をいく事業体が集結した。業界の今とは? 最新リポートをお届け!

日本国特許庁/ 独立行政法人工業所有権情報・研修館

日本国特許庁/ 独立行政法人工業所有権情報・研修館

日本の知財を支える重要な柱
工業所有権情報・研修館(INPIT)が提供する特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)はあまりにも有名。INPITのサイトで運営されており、特許庁のサイトからもアクセスできる。
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)は1億件をこえる特許・実用新案・意匠・商標の公報等及び関連情報とその検索サービスを備えており、知財を扱ううえでなくてはならないものだ。

特許情報の提供のみならず、知財人材の育成、専門家の派遣等幅広い支援を行っており、工業所有権情報・研修館は日本の知財を支える重要な柱であることは間違いない。

一般社団法人発明推進協会

一般社団法人発明推進協会

発明推進協会には答えがある
“発明推進協会には答えがある”
特許・情報フェア&コンファレンスの主催でもある発明推進協会。
知的財産におけるあらゆる疑問に対して解を提供してくれる。
知的財産の創造・保護・活用に困ったら相談してみよう。
どのような段階でもワンストップで解決してくれるゾ!

特許情報の提供のみならず、知財人材の育成、専門家の派遣等幅広い支援を行っており、工業所有権情報・研修館は日本の知財を支える重要な柱であることは間違いない。

特許事務所 白坂パテントパートナーズ/ 株式会社ゴールドアイピー

特許事務所 白坂パテントパートナーズ/ 株式会社ゴールドアイピー

米国特許評価ソフトウェア『PatentPia』
今回出展されていたのは米国特許評価ソフトウェア『PatentPia』。
米国特許の個別評価、企業のポートフォリオ評価のための自動解析を可能とし、訴訟・ライセンス情報に加え、NPEデータベースの自動更新を可能とした革新的な新ソフトウェアだ。
そして、『PatentPia』を提供する白坂パテントパートナーズは米国における知財戦略に強みを有する。
グローバルな知財戦略が重要度を増す今日、『PatentPia』と専門家知識の両輪で米国における企業の知財戦略を強力にバックアップする。

株式会社サン・フレア

株式会社サン・フレア

言語力を活かした知財の頼れるパートナー

知財の頼れるパートナー。
特許翻訳業界で「サン・フレア」の名前を聞いたことがある人は多いのではないだろうか。
年間12000件以上の特許翻訳実績、創業40年以上の信頼を築いているサン・フレア。
翻訳事業のみならず、その言語力と人財力で特許調査事業でも着実に実績を積み重ね、知財業務を総合的にサポートする「頼れるパートナー」として多くのクライアントをバックアップしてきた。

「すべての人がグローバルコミュニケーションを意のままに。」

その夢をかなえるために得意の言語力で「知財」と「世界」を結びつける。
高品質な翻訳はもちろん、言語力を活かした柔軟な提案と実行力を備えたサン・フレアの今後に要注目だ。

株式会社 root ip

株式会社 root ip

知財ラボの電子書籍『日本の特許1000』
知財ラボの電子書籍『日本の特許1000』にお世話になっている方も多いのではないだろうか。
本書は特許公開特許公報より特許の主要1000プレイヤー(500事務所/500出願人)の情報を集録したものだ。
他にも意匠、商標について集録したものもある。
この知財ラボを運営するのがroot ip。弁理士としての豊富な実務経験を持ち、大手特許事務所や企業でシステム開発にも携わった大倉昭人さんによって創業された。
root ipが提供するサービスはすべてが即戦力。今回出展されていた実務効率化ツールや特許管理システムは、実務とシステム両方に卓越した知識を持つ大倉昭人さんだからこそ実現可能なものだ。

株式会社日立製作所

株式会社日立製作所

世界で戦うための特許情報提供サービス『Shareresearch』
世界で戦うための特許情報提供サービス『Shareresearch(シェアリサーチ)』。
世界98の国と地域を網羅する高精度な知財関連コンテンツに対応している。
グローバル戦国時代に突入した今、企業が勝ち抜くために必要不可欠な知財戦略を強力サポートできるサービスだ。
豊富な実績を持つ日立だからこそ出来るご提案。
来たれ!世界で戦う企業(モノノフ)たち!

株式会社ネットワークス

株式会社ネットワークス

特許管理システム『KEMPOS』
特許管理システム『KEMPOS』。
長きにわたって現場から高い評価を得ているシステムの最大の特徴は安定と実績だ。
その管理機能は現場にしか分からないような“かゆいところ”にまで範囲が及ぶ。
特許における高い知識と経験を備えた担当者によってサポートも万全だ。
『KEMPOS』を導入するということは、安心を手に入れることと同義といえよう。

株式会社サイエンスインパクト

株式会社サイエンスインパクト

知財情報サイトアクセス数No.1知財ポータルサイト『IP Force』

知財情報サイトアクセス数No.1を誇る知財ポータルサイト『IP Force』。
最新の知財ニュース、特許統計データ、ランキング等、今欲しいデータが一目で見れる超便利サイトだ。
さらに、Google IDやYahoo IDでログインすれば、会社名を登録して出願公開や特許登録をリアルタイムで監視できるという優れもの。
これはもう利用するしかない!
今年はついに特許公報の全文掲載を開始。しかも無料。特許庁も注目する驚愕のサービスだ。
さらに「知財判決速報」など、便利なコンテンツがますます充実。

ちなみに、目標は特許庁J-PlatPatにアクセス数で勝つことらしい…

特許情報の提供のみならず、知財人材の育成、専門家の派遣等幅広い支援を行っており、工業所有権情報・研修館は日本の知財を支える重要な柱であることは間違いない。

今回取材できたのはここまで。

もっともっとたくさんの事業体が出展していて、会場は大きな賑わいを見せていたゾ!
全ての事業体に共通していたのは、グローバルな視点での知財戦略が必須となる今とこれからを見据え、どう課題を解決していくか。
やり方は違えど、皆その課題解決に向けて邁進しているようだった。

国内外における知財関連サービスはより洗練され、日本の産業を強固にしていく。
集結した事業体の活気に日本の明るい未来を強く感じた。