室町時代から受け継がれる知的財産「外郎家によってもたらされた 薬のういろうとお菓子のういろう」

薬のういろうを日本に伝来した外郎(ういろう)家

 今ではお菓子として著名になったういろう。その由来は中国元の時代に遡る。一三六八年に建国された明によって元が滅亡を迎えた折、元に仕えていた陳延祐(ちんえんゆう)は明への帰属を良しとせず日本博多に亡命した。その際、中国での役職名・礼部員外郎(れいぶいんがいろう)の外郎をとって、役職名と区別するため「外」の字を「うい」と読ませて「外郎(ういろう)」と名乗り、日本に帰化したのだ。
 元々医術と占いに優れていた陳延祐は、亡命の折家伝の薬「霊宝丹(れっぽうたん)」を持参していた。二代目・宗奇が朝廷に招かれたことで朝廷内に伝播、大変に重宝されたという。また、宗奇は朝廷で外交使節に供するための菓子を自ら考案。その菓子は黒糖と米粉から成り、黒糖の原料であるさとうきびは当時貴重なものだったが、医薬を生成する外郎家は栄養剤として入手が可能だったとされる。
 こうして伝わった薬とお菓子、どちらも外郎家のものであることから「ういろう」と呼ばれ、今日に至るまで長く親しまれる礎となった。

薬のういろうとお菓子のういろう

外郎家の変遷

 初代陳延祐は高い教養と医術の才を見込まれ、時の将軍足利義満に招かれたが招聘に応じることなく博多で生涯を閉じた。代わりに二代目・宗奇が朝廷に仕え、以降外郎家は京都に居を構えることになる。典医の職を担い、また大陸に人脈を持っていたのでときには遣明使として明に派遣されるなど要職を務めた。
 五代目・定治の時、北条早雲に招かれ小田原に居を移すことになる。応仁の乱以降、京都が荒廃し、家の存続が危ぶまれたためである。定治の弟は京に残り典医を続けたが、その後絶えてしまう。お菓子のういろうは砂糖が容易に手に入るようになった江戸時代、出入りの職人等によって「お菓子の製法」が全国に広まった。
 小田原外郎家は医師としてだけでなく、朝廷との連絡役を担う外交官、各地の情報収集を行う役目など多岐に渡る活躍で北条家の治世を大いに支えた。優れた医術と教養は内外に広く知られるところとなり、豊臣秀吉が北条家を滅ぼした時、北条家家臣でありながら特例で小田原への残留が許された点からもその名声の程がうかがえる。

東海道名所圖會(小田原ういろう)

現代に受け継がれる知的財産

 薬のういろう、その高い効能で病気を癒した稀代の薬は、天皇から透頂香(とうちんこう)の名を賜り、日本に伝わった当時の製法のまま今も変わらず造り続けている。逸話に事欠かない薬のういろうだが、享保年間、歌舞伎役者・二代目市川団十郎が持病の咳と痰のため台詞が云えず、舞台に立てなくて困っていたところ、薬のういろうによって全快した話はあまりにも有名だ。市川団十郎は感謝の意を込めこの出来事を舞台で上演した。

昔 ちんの国の唐人 外郎といふ人 わが朝へ来たり
帝へ参内の折から この薬を 深くこめ置き
用ゆる時は 一粒ずつ 冠のすき間より 取り出す
依って その名を 帝より 透頂香 と 賜る

 歌舞伎十八番「外郎売」の台詞が誕生した瞬間だ。伝統と文化が融合し当時の様子を見事に現代に伝えている。また台詞には、著名になるにつれ模倣品が増えてきた様子も描かれている。

只今は この薬 殊の外 世上に弘まり 方々に似看板を出し
イヤ 小田原の 灰俵の さん俵の 炭俵 のと 色々に 申せども
平仮名をもって ういらう と記せしは 親方円斎ばかり
もしや お立合の中に 熱海か塔ノ沢へ 湯治においでなさるか 
又は 伊勢参宮の折からは 必ず 門違い なされまするな

台詞が出来たのは享保三年(一七一八年)、江戸時代初期には既に模造品被害があったというわけだ。享保六年に八代将軍吉宗が制定した『新規御法度』は(現行の特許制度とは真逆の発想だが)伝統という知的財産を守るためだった。つまりこの時代には知的財産の概念が存在していた、ということを台詞からうかがい知ることができる。

ういろう5

外郎売

大正初期 八棟造り(店舗外観)

ういろう4

平成 八棟造り(店舗外観)

成長しない豊かさ

 現代は大量生産・大量消費社会。伝統は発展の陰に追いやられていく時代だ。果たしてそれは私たちにとって本当に正しい選択なのか。利便性を得る代わりに大切なものを失くしてきたのではないか。
 現外郎家当主・外郎武さんは云う「薬とお菓子のういろうは小田原でのみ販売しています。お菓子は来賓のもてなしに創作されたものです。その先祖の思いを大切に、小田原に来られた方に手渡しています。商売を拡大することより、自分たちの目の届く範囲でしっかりものを作ること、そこから生まれる人と人との信頼こそがういろうの歴史であり伝統を紡いできた大きな力なのです。だからこそ外郎家は大切な伝統を
ずっと守り続けていきます。」
 伝統を守り続けていくことで心から豊かになる。そういう成長があってもいいのではないか。ういろうの伝統は、現代社会の迷い子たる我々に大切なことを語りかけてくれている。

株式会社ういろう
〒250-0012 神奈川県小田原市本町1-13-17
電話(代)0465-24-0560
営業時間 10:00~17:00
定休日  毎週水、第三木曜日定休(12月31日、1月1日休み)

パテナビを「いいね」で応援!宜しくお願いします!

フリーペーパーPATENAVI、定期購読のお申込みはこちらから